解体工事などで出るコンクリート

解体工事などで出るコンクリートは廃棄物処理業者によって処理され、ふたたび建設現場でリサイクルされます。

例えば、鉄筋入りのコンクリートでも細かく砕かれ、ふたたびコンクリートの骨材になったり、土地改良の砂利として使われたりするのです。

リサイクルされるコンクリートは、産廃処理業者の重機などで細かくされ、鉄筋が入っているものも、無筋のものも建設資材になるのです。

もちろん、コンクリートがコンクリートだけというのは稀で、コンクリートに断熱材が吹き付けられていたり、木毛板などと一体化されているものもあるので、リサイクルに費用が掛かってしまうものなどは、そのまま埋め立てられたりもします。

しかし、多くの場合にはリサイクルされ、再び利用されているのです。

コンクリートと同じように、解体工事などで出るアスファルトなどもリサイクルされるのが普通です。

詳しくは⇒解体工事の窓口